増えているキャバクラの種類/スナックとの違いは?

おさわりが許されている

喜んでいる女性

キャバクラでは本来、女の子へのおさわりが禁止されているのですが、セクキャバであれば女の子へさわることが許されています。むしろおさわりがメインのキャバクラとなっていますので、欲望のままにおさわりを楽しみましょう。

さわれる範囲に注意しよう

壁に肘をつく女性

セクキャバはおさわりが許されているキャバクラですが、どの部分までさわっていいのかは店舗によって決まりが違います。また、セクキャバはキャバクラの一種であり、風俗のように抜きをおこなうサービスはないので注意しましょう。

キャバクラとスナック

グッドサインを出す女性

キャバクラとよく似たサービスとして言われているのがスナックです。しかし、キャバクラとスナックはまったくの別物で、接客スタイルや店内の雰囲気など、あらゆる点で違いがあるので注意しましょう。

昼間に遊べるキャバクラ

大阪でセクキャバなら梅田が激戦区ですがこちらのお店はナンバーワンではないでしょうか。

ビールを持った浴衣姿の女性

大阪はどの地域よりもサービス提供に力を入れていますが、当然男性にとっての癒しとなるキャバクラの数も非常に多くなっています。
キャバクラ通いを経験してみたいと考えている男性は多く、もはや男性が抱く夢のひとつでもあります。
社会人となってからキャバクラ通いを始める男性も多いのではないでしょうか。

キャバクラでは好みの女の子を指名することができますし、その女の子がみなさんのすぐ横に座ってくれます。
お酒を飲みながらタイプの女の子と会話が楽しめるなんて、男性からすればこれほど幸せなこともそうないでしょう。
キャバクラに在席している女の子にもさまざまなタイプがいるため、みなさんが好むタイプの女の子も簡単に見つかると思います。
ただ、キャバクラは「夜のサービス」として有名なことからもわかるように、開店時間は夕方から夜にかけてです。
朝から夜まで仕事をしている人ならその帰りに立ち寄ることもできますが、夜勤をしている人などからすればなかなか通うチャンスが訪れません。
とはいえ、仕事が休みの日は別の用事が入ることもあるでしょう。
そのため、なかなかキャバクラに通えず悶々としている男性もいると思います。
そんな場合は昼キャバを利用してみましょう。

昼キャバはその名のとおり、昼間に営業しているキャバクラのことです。
昼間から夕方にかけての営業が多いため、これなら夜勤の人でも気軽に通えるのではないでしょうか。
大阪でも昼キャバの数は増えているほか、早朝から昼間にかけて営業しているキャバクラも増えていますので、時間を気にすることなくみなさんの生活リズムに合わせてキャバクラが楽しめるようになっていますよ。

記事一覧

外の様子をうらやまし気に眺める女性 「増えているキャバクラの種類/スナックとの違いは?」の記事一覧です。

↑ PAGE TOP